夜間部

夜間部

夜間部は二年制で、最初から専攻に分かれ、二年間スペースデザインの専門課程を学びます。
1年時の前期には、デザインの基礎を学びますので、デザインの未経験者でも基礎から学ぶことができます。

夜間部カリキュラム

エレメントデザイン

  • エレメントデザインA エレメントデザインA(夜1年・後期)

    木製家具の構法の理解と共に、木材を使用した原寸のエレメント制作を通して、「仕切る」「座る」など家具にまつわる基本的な行為とそのあり方をデザインし直します。

    作品を見る
  • エレメントデザインB エレメントデザインB(夜2年・前期)

    当たり前に存在するモノとそれを成り立たたせている環境の関係を観察・分析し、今までにないモノのあり方をエレメントデザインとして提案します。

    作品を見る
  • エレメントデザインC エレメントデザインC(夜2年・後期)

    今までに学んだことを元に、卒業制作として出来るだけ柔軟な発想の元に、新たなエレメントデザインを追求します。

    作品を見る

インテリアデザイン

  • インテリアデザインA インテリアデザインA(夜1年・後期)

    都市(渋谷)におけるインテリア空間と人との関係を綿密にリサーチし、リサーチから空間のデザインを導き出す基本的な方法を学びます。

    作品を見る
  • インテリアデザインB インテリアデザインB(夜2年・前期)

    物販・飲食空間のような商業空間をはじめ、公共空間を含めた人が集う空間のデザインをリサーチから導き出すことを学びます。

    作品を見る
  • インテリアデザインC インテリアデザインC(夜2年・後期)

    今までに学んだことを元に、卒業制作として出来るだけ柔軟な発想の元に、新たなインテリアデザインを追求します。

    作品を見る

住環境デザイン

  • 住環境デザインA 住環境デザインA(夜1年・後期)

    歴史上の代表的な住宅や現代都市における住環境のリサーチを通して、住宅設計の基礎を学びます。

    作品を見る
  • 住環境デザインB 住環境デザインB(夜2年・前期)

    戦後日本の住宅建築史を学びながら、現代住宅における住環境を設計演習を通して学びます。

    作品を見る
  • 住環境デザインC 住環境デザインC(夜2年・後期)

    今までに学んだことを元に、卒業制作として出来るだけ柔軟な発想の元に、新たな住環境デザインを追求します。

    作品を見る

基礎理論

  • 空間論(夜1年・前期)

    前半は現代建築に関する概論、後半はインテリアデザインに関する概論を、歴史上の代表作品の解説をしながら講義形式で行います。

  • ドローイング(夜1年・前期)

    インテリア・建築製図の基礎知識・技術の取得を通し、自らデザインしたものを図面化する能力を身につけます。

  • デッサン(夜1年・前期)

    基礎的な幾何学などの静物デッサンから始まり、最終的には空間を正確に把握し描くための基礎的な能力を身につけます。

  • 造形発想(夜1年・前期)

    木の塊を手に馴染む形へと延々と掘り続ける桑沢の伝統的な授業「ハンドスカルプチャー」と、エレメントデザインの基礎となる立体構成を学びます。

  • 空間構成(夜1年・前期)

    空間デザインの基礎を設計演習を通して学ぶ授業で、空間の仕切り方や空間への光の取り入れ方などを学びます。

  • デザイン論(夜1年・後期)

    スペースデザイン以外の分野を含む近代デザインの歴史を講義とワークショップを通して学びます。

  • 現代デザイン論(夜2年・前期)

    他のコースとの合同講義の授業です。毎回オムニバス形式で、各コースで活躍されているゲストをお招きし、レクチャーして頂きます。

  • 空間デザイン論(夜2年・後期)

    前半は「音と空間」の関係を学ぶ授業を行い、後半は毎回オムニバス形式で、様々な分野のゲストをお招きし、レクチャーして頂きます。