KDS-SD 桑沢デザイン研究所
スペースデザインコース

Student Projects学生作品

KNOT

1本の糸が生み出す形に着目した。その形をもとに、長さ約3500メートル、しめ繩や水産用ロープの芯材として用いられるロット状の発泡ポリエチレンを使用する。輪状の束を捻り、構造体となる芯を作り出す。反発する力を利用し、丸く結び1本の棒で固定する。髪を結い、かんざしを挿すような工程で生み出されるイスの提案。1本の線から生み出された塊は、私達の身体をやわらかく包み込んでくれる、大きな “結び目(KNOT)”

制作者:宮下知也