KDS-SD 桑沢デザイン研究所
スペースデザインコース

Student Projects学生作品

way home

夜の街、帰り道をテーマに舞台公演を想定し、脚本、ダンス、音楽、映像、美術を制作した。夜の街を若者が歩き、自分と向き合っていくという脚本で、街の持つ表面的な様子とその裏にある見えていない街の空気という二面の表現を目指した。表面的な部分と裏の部分を表現するためにダンサーを二人用意し、実際の舞台も表裏でステージが配置され同時に演目が進んでいくように計画した。世界観を伝えるために、映像をつくり、デモ公演なども行った。

制作者:中村俊揮