授業の近況

授業の近況

レクチャーシリーズ 第6回 藤野高志氏(生物建築舎代表)が行われました

2018/01/16

レクチャーシリーズ第6回目のゲストは、生物建築舎代表の藤野高志氏でした。

生物建築舎は群馬県高崎市にアトリエを構え、建築設計やリノベーション、展覧会などを手がけている。代表である藤野氏はドローイングが印象的で、絵本も手がけている。

現在、生物建築舎の事務所となっている天神山のアトリエは、本来建築の外側にある自然環境を内部に取り入れ、その変化を感じながら生活を送りたいという藤野氏の想いから生まれたもので、元々藤野氏の住宅兼事務所であった。

4枚の壁と屋根という原始的な構成に、街と繋がる為の縦長の大きな窓、空を見上げる為の透明な天井を持ち、木を植える為に床は土になっている。植えた木は実際に床下に根を張り、今では天井に届くほど生い茂っている。このアトリエは物理的・心理的に保護されながらも外界と繋がっており、それは屋外の開放感とは違う種類の快適性であると言う。

藤野氏は地元群馬県高崎市で独立するまでに、外部の環境と自分を繋ぐような体験を都市と地方の両方で経験している。清水建設に勤務していた頃、銀座の中銀カプセルタワーに一時期住んでおり、目の前の巨大な建設現場における都市の劇的な変化を俯瞰し、個人の限られた専有スペースをどうデザインするかを夜な夜な考えていたという。また、南会津のはりゅうウッドスタジオ勤務時には、雪の中、セルフビルドの小屋で暮らし、外の環境と共存することについて常に考えさせられたという。現在事務所がある高崎市はそれまでの極端な環境とは異なるが、その中にも些細な変化が存在することに気付き、外の環境との対話・かかわりをつくることに興味を持ったという。

時間など変化していくものに興味があり、建築も静的なものではなくひとつの動きとして捉え、目的ではなく、外の環境との媒介として考えたいと話し、植物や生き物なども、人にとって有能なひとつの「機能」としてみれば、自然と建築と人の境界を変えていける可能性が建築にはあると話してくれた。

*今回をもって、今年度のレクチャーシリーズは終了しました。また来年度のシリーズをお楽しみに!

最新の近況

夜1年「住環境デザインA」の中間発表がありました

2018/12/06

11月27日(火)6、7限目に、夜間部1年生「住環境デザインA」(高塚章夫先生担当)の中間発表・講評がありました。講評には、分野責任者の大松先生も参加しました。 課題内容は、「都市に住む二人の住まい」 …

レクチャーシリーズ第1回のゲストは建築家の木村浩之氏でした。

2018/11/20

木村浩之氏(まちむらスタジオ主宰)は昨年までの約20年間、スイス・バーゼルの建築設計事務所(Diener & Diener Architekten)でお仕事をされていました。 レクチャーでは、 …

昼2年「住環境デザイン2B」の中間講評が行われました

2018/11/13

昼間部2年生の「住環境デザイン2B」(担当:大松俊紀先生)の住宅設計課題の中間講評が行われました。講評会には、課題の構造の指導を行ってくれる平岩良之先生(構造授業の「モデル」担当)も参加して講評しまし …

昼2年「インテリアデザイン2B」の第1課題の最終講評会が行われました

2018/11/09

課題タイトル「自分のアトリエを設計する」 将来の理想の自分のアトリエを設計する課題です。アトリエが置かれる場所の設定からデザインし、将来の自分のアトリエがどのような環境で、どのように働くことが理想的か …

夜2年「エレメントC・インテリアC・住環境C」の前半合同課題の最終講評会が行われました

2018/11/08

11月2日(金)6、7限目に、夜間部2年生の「エレメントデザインC」(篠崎隆先生)、「インテリアデザインC」(久山幸成先生)、「住環境デザインC」(押尾章治先生)の3科目合同課題の最終講評会が開かれま …