KDS-SD 桑沢デザイン研究所
スペースデザインコース

Spotlight注目の授業

夜1年「住環境デザインA」の中間発表が行われました

12月10日(火)6、7限目に、夜間部1年生の「住環境デザインA」(高塚章夫先生)の中間発表がありました。発表には、分野責任者の大松俊紀先生も参加しました。

最終課題として進行している住宅設計の内容は、都内で自由に敷地を選び、自分ともう一人の人間が暮らす二人の住まいを設計するというものです。

敷地のリサーチから始まり、それぞれが見つけてきた思入れのある敷地に、共同で暮らす都市生活者に対して、どのような新しい生活の提案ができるかが鍵になります。

まだまだ学生の提案は敷地との関係や生活の具体性に欠けており、二人の先生方から厳しく批評されましたが、1月末の最終発表に向けて、案を大胆に発展させてくれることを期待しています。