KDS-SD 桑沢デザイン研究所
スペースデザインコース

Spotlight注目の授業

昼2年「住環境デザイン2B」の中間発表が行われました

昼2年「住環境デザイン2B」(大松俊紀先生担当)では、桑沢でその昔教鞭をとっていた建築家・篠原一男が設計した住宅を研究材料に、住宅の分析・設計を行っています。

この授業では、まず各学生が篠原一男の住宅を一つずつ担当し、その空間分析をグループ課題などを通して行います。最終的に隣の敷地に、各自が篠原住宅との新しい関係性を構築し住宅を設計するという課題で、10年以上も続く課題です。

ボリューム・スタディから始まり、数多くの案を検討してきましたが、今回は中間発表ということで、各学生は2案に絞り込み、1/100模型と図面を発表しました。

来週以降は、1案に絞り込み、模型のスケールを1/50へと上げ、さらに「モデル」という授業(平岩良之先生担当)での構造指導と連携させながら、1月末の最終発表に向けて、案を発展させていきます。

jyukankyo2B_20171128_01

中間発表以前の授業

jyukankyo2B_20171128_02

jyukankyo2B_20171128_03