KDS-SD 桑沢デザイン研究所
スペースデザインコース

Spotlight注目の授業

KEIKO+MANABUゼミのポーラ美術館プロジェクトのプレゼンがありました

7月16日(火)13時から、昼間部3年生のKEIKO+MANABUゼミで前期課題として行なっているポーラ美術館プロジェクトのプレゼンテーションが、箱根のポーラ美術館にて、株式会社ポーラ・オルビスホールディングスの鈴木郷史代表取締役、松井孝ポーラ美術館副館長、そして美術館スタッフの皆さんの前で行われました。
プロジェクトは、箱根のポーラ美術館内、または屋外にある森の遊歩道内に、空間アート作品をデザインするもので、ゼミ生10名が大きな模型とスライドでプレゼンテーションを行いました。この10名の作品の中から、今後ポーラ美術館にて実現する作品が出てくる可能性があります。
このプロジェクトは、KEIKO+MANABUが進めている「アエロスペースデザイン計画」の一環として、今後も様々な機関とのプロジェクトとも共同して進められていきます。