KDS-SD 桑沢デザイン研究所
スペースデザインコース

Spotlight注目の授業

夜2年「住環境デザインB」の中間発表が行われました

6月8日(金)6、7限目に、夜間部2年生の住環境デザインB(大松俊紀先生担当)の中間発表が行われました。
課題内容は、建築家・篠原一男設計の「土間の家」の敷地内に、新たな住宅を設計するもの。
「土間の家」は1963年に、写真家・大辻清司氏のために設計された軽井沢の別荘で、その後、大辻家長女家族の普段の住まいとして使用されていました(大辻清司氏は、篠原一男の代表作「上原通りの住宅」(1976)の施主でもある)。
そこで大辻家は、家族の別荘としての機能を回復するために、長女に敷地内に新たな住宅を建てるように促し、その設計を大松先生に依頼していました。諸々の理由から、大松先生の案は実現しませんでしたが、その後、夜間部2年生の住宅設計課題として、毎年行われています。
「土間の家」は、3間 x 3間 (5.4 x 5.4m)の正方形平面の小さな平屋の家で、家の半分が土間となっていることは有名です。また土間に突き刺さるかのように、剣持勇デザインのダイニングテーブルが置かれていることも特徴です。無駄を削ぎ落とした、現代における最小限住宅とも言えるこの家の隣に、学生はどのような住宅を設計するのか楽しみです。