KDS-SD 桑沢デザイン研究所
スペースデザインコース

Spotlight注目の授業

昼3年「住環境デザイン3A」の中間発表が行われました

6月4日(月)1、2限目に、住環境デザイン3A(渡邉健介先生担当)の中間発表が行われました。講評には、この授業に客員教授として、中間発表と最終講評に参加して頂いている渡辺真理先生、木下庸子先生のお二人も参加されました。
課題内容は、「Blending Housing」というタイトルで、原宿キャットストリート沿いの敷地に集合住宅を計画するものです
学生は、渋谷周辺において、様々な物がBlendingする(混ざり合う)状態をスケッチすることから始め、そのスケッチからコンセプトモデルを立体で制作します。そして、そのBlendingのコンセプトを住人同士の混ざり合いやユニット同士の混ざりあいに応用し、集合住宅を設計するものです。
今後学生は、7月23日(月)の最終講評に向けてさらにブラッシュアップしていきますので、ご期待ください。