KDS-SD 桑沢デザイン研究所
スペースデザインコース

Spotlight注目の授業

夜2年「エレメントC・インテリアC・住環境C」の前半合同課題の最終講評会が行われました

11月2日(金)6、7限目に、夜間部2年生の「エレメントデザインC」(篠崎隆先生)、「インテリアデザインC」(久山幸成先生)、「住環境デザインC」(押尾章治先生)の3科目合同課題の最終講評会が開かれました。
毎年2年生後期の前半は、3つのスケールの違う科目で共通の一つの課題を設定し、それぞれの担当講師が、それぞれのスケールの視点から指導を行うこととしています。
今回の課題は、渋谷のハチ公前広場に「感覚を刺激する広場」をデザインするものでした。
学生はまず、現代アート作家がどのように五感を刺激するような作品を制作しているかを研究し、その研究を通して、新たにハチ公前広場をデザインし直すという課題でした。